熱中症と脱水症のお話

(Aa)`

 

先日うちの息子が練習試合で熱中症の疑いがあり、中学の顧問から電話があり、駅まで迎えに行きました。

 

どうやら、かなり暑かったようで、3時間の練習試合の序盤の1時間でほとんど持っていた1.5Lを飲んでしまったようです。

 

 

 

私は保育園を運営しているので、こまめな水分補給・気温・湿度のチェック・子どもの顔色や汗のかきかたを常に監視しておかなければいけません。

 

これはやらされているの感でやるのではなく、当たり前の事として、ご飯の前には手を洗うような感じで行わなければいけません。

 

 

私が何を言いたいのか

 

 

子どもを気温40度・湿度70%近い体育館で運動をさせるなら

 

ネットなりなんなり、もっと勉強しろと言いたい

 

先日のうちの子どもへの対応は、「私の緑茶を飲ましました」

 

 

いやいや、、緑茶は嗜むもので、熱中症・脱水症になっている子どもに飲ませるものではない。

 

そのような状況の体育館で行われているスポーツ

 

全体的に1時間に1回 動きを止めて、子どもの様子を見る事ぐらいしてもいいのでは?

 

学校内の冷水機を飲んでもいいようですが、次々に試合をするのでその時間もない

 

 

 

なぜこのような問題が起きるのか?

私が中学時代は熱血の昭和時代、しかし私の顧問は体育の先生だったので、途中のトイレの合間の冷水機はめちゃくちゃ怒られましたが、夏になると、定期的にスポーツドリンクやかき氷を食べさせてくれました。

 

なぜこのような問題が起きるのか?

 

それは顧問の知識不足です。

 

熱中症・脱水症の疑いがある生徒がいた場合最低限は下記を行って欲しい

 

熱中症・脱水症の予防例

 

・1時間に1回練習を止め顔色をみる

・汗のかきかたを確認する

 

 

熱中症・脱水症の疑いがあった場合例

 

経口補水液を随時携帯しておく

・体温を測る

・言動・意識の確認(怪しければ即救急車)

 

 

何を飲ませたら、防げるのか?

 

体温は何度あったらやばいのか?

 

どうすれば、重症にならないのか?

 

緑茶を飲ませるな

 

もっとネットや本で勉強して欲しいです

 

いや勉強しろ

 

 

 

 

家に帰って、すぐに体をシャワーで冷やすと同時に経口補水液で水分補給をし
息子はおかげさまで回復しております。

 

まだ熱中症による熱疲労があるようですが、それも数日で回復するかと思います。

 

最後に

 

勉強しろよ